新喜劇タイムズ

吉本新喜劇についていろいろ考えるブログです。

吉本坂46結成について考える

※この記事は8月22日に内容を一部更新しています。 ※最終更新

 

 

 2月21日、インターネットメディアが次のような内容を一斉に報じました。

 

 


 

 それは、秋元康さんによるプロジェクト『坂道シリーズ』の第3弾として『吉本坂46』を結成するというものでした。

 この吉本坂46を巡っては、吉本芸人・乃木坂46および欅坂46のファンから批判の声が上がっています。

 

 

 今回この吉本坂46についてまとめると共に、吉本新喜劇にどのような影響を与える可能性があるのかについて、考えてみたいと思います。

 

f:id:kn0718:20180303060044j:plain

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

 

 

どんなアイドルグループなのか?

 吉本坂46について記者会見では以下の内容が明らかになりました。

 

 

  • 応募対象は吉本興業所属タレント6000人。
  • 芸歴・性別は不問。
  • NMB48のメンバーは対象外。
  • 過去にNMB48に所属していたタレントからの応募があった場合の対応は、今後協議。
  • デビュー後は乃木坂、欅坂とのコラボやライブでの共演も行われる見通し。
  • ソニーミュージックからメジャーデビューを予定。
  • 目標として東京ドーム公演&紅白歌合戦出場。

 

 

 こうした中、早くも吉本坂46のオーディションへの立候補を巡って”想定外”の事態が起きているといいます。

 

 

 

「応募資格を満たしてさえいれば、男女や芸歴も問わないと銘打っているため、『今から吉本興業に所属すれば、吉本坂に応募する資格を得られますか?』という問い合わせが相次いでいるんです。そこまで考えてなかったため、すぐに対策を取ることとなりました」(運営関係者)

吉本興業、「吉本坂46」発足で“坂道ファン”が殺到に苦い顔のワケ ー サイゾーウーマン 

 

つまり他の芸能事務所から、吉本坂46のオーディションに立候補したいが為に移籍するというケースが出てきたのです。 

 

この事態に対し、吉本興業の関係者は次のように話しています。

 

 

「ほかの事務所から移籍する場合は、手続きなどに1カ月以上要しますが、煩雑な手続きがクリアできるのであれば、上層部判断ですぐに所属できるというケースもなくはない」

吉本興業、「吉本坂46」発足で“坂道ファン”が殺到に苦い顔のワケ ー サイゾーウーマン 

 

「ただ、そうなると、単なる“坂道ファン”が吉本に殺到する可能性も出てくる。それではグループが立ち行かなくなるため、ウチの審査も吉本坂のオーディションも、かなり慎重に行われることでしょうが」

吉本興業、「吉本坂46」発足で“坂道ファン”が殺到に苦い顔のワケ ー サイゾーウーマン  

 

 「『吉本坂に入るため吉本に所属する』、という志望動機は“アリ”としました。もちろん合格するかはわかりませんし、グループは漫才やコントは一切排除の、いわゆる“ガチアイドル”というコンセプト。生半可な気持ちでの応募では、むしろ本人がつらくなると思います」

吉本興業、「吉本坂46」発足で“坂道ファン”が殺到に苦い顔のワケ ー サイゾーウーマン  

 

 

運営側は吉本坂46のオーディションへの立候補において、例外を認めたのです。

 

 

早くも例外を設けてその対処にあたるなどルールに対するずさんさが指摘される吉本坂46。運営方法について不透明な点も多い中、幸先の悪いスタートとなりました。

 

 

http://news.yoshimoto.co.jp/20180221150833-0f3b8270ac26898738b2f7031fb048910edb37bb.jpg

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

 

 

 

「坂道シリーズ」とは

 2005年12月8日にデビューしたAKB48は当時ソニー・ミュージックエンタテインメントグループ会社のデフスターレコーズに所属していました。その後2008年にキングレコードに移籍したのち、ヒット曲を次々と連発します。 

 

この一連の大ヒットを背景に2011年、ソニー・ミュージックエンタテインメント秋元康プロデュースによる新たな女性アイドルグループが企画され、乃木坂46は誕生しました。坂道シリーズの歴史はここから始まったのです。

 

ちなみに、当時この乃木坂46の結成にあたってソニーミュージックの担当者は「やっぱり“逃した魚”は大きかったですよ。その悔しさをわれわれソニーのスタッフはすごく持っています。われわれは今回、その気持ちをプロジェクトにぶつけます。ライバルとして“本気”でAKB48にぶつかっていきますよ」と語っています*1

 

 

 

東京都港区赤坂にある「SME乃木坂ビル」。乃木坂46の名前はこのビルの名前が由来である。(画像はWikipediaより)

 

 

その後2015年に「坂道シリーズ」の第2弾として欅坂46が結成され現在に至ります。

今回結成が発表された「吉本坂46」はこの2つのグループに続く新しいアイドルグループとして活動するという事になる訳です。 

 

 

 

 

 

 

目的は話題性と更なる利益? 

 このニュースがSNSを通して拡散されると、ツイッター上では批判の声が噴出。吉本坂46結成に対して反対の署名を掲げるアカウントまで登場しました。

 

 

 

 

 

しかし、その一方で吉本坂46に関するパロディも作られていて話題を広めるのに一役買っているという現状もあります。

 

 

 

この一連の流れから見えてくるのは、今回の吉本坂46結成が吉本の新たな話題を広める「ツール」としての役割を担っているのではないかという点です。

 

実際、上記のようにツイッター上では批判の声が噴出しましたがそれと同時にパロディが作られるなど様々な現象が発生し、結果としてコンテンツの宣伝に大きく貢献しているという面もあります。

 

これについては、過去に何度か発生している「炎上マーケティング」との類似性について指摘する事が出来ると思います。

 

 

参考記事

 

 

一方で、今回の吉本坂46結成についてこんな指摘もあります。

 

 

「もともとNMB48の所属タレントが、吉本の子会社であるShowtitleの所属ですし、これまで関係がなかったわけではありません。吉本はお笑い以外でも店舗運営など手広く商売を手がけており、うまくいかないと感じたら早期に撤退するのも特徴です。このスタンスが、秋元氏のビジネスモデルとマッチしたのではないでしょうか。」(芸能ライター)

坂道シリーズ路線が変わった 秋元とコラボ「吉本坂46」あの炎上タレント参加する?:リアルライブ 

 

 

また、よしもと発のアイドルグループとして『つぼみ』がいますが彼女達の事は世間にあまり広く知られていないのが現状です。 

ちなみに、『ぺこ&りゅうちぇる』で知られる「ぺこ」ことオクヒラテツコさんはこのグループの出身なんですよ*2

 

 

f:id:kn0718:20180310012218j:plain

「めっちゃオモロいアイドル」がキャッチコピーのよしもと発アイドルグループ『つぼみ』。2018年現在、9人のメンバーから構成される。過去にはここから3人の卒業生が吉本新喜劇に入団している(画像はオフィシャルサイトから)。

 

 

自社プロデュースのアイドルひいては同じAKB48グループのNMB48を抱えているにもかかわらず、新しいアイドルグループの結成に着手となると、もはや更なる利益の為だけに行っているとしかいいようがありません。

 

既に吉本で抱えているアイドル達へのマネジメントがなおざりになっていないか。こうした運営体制の中で新たなアイドルグループを作るのには疑問が残ります。

 

 


 

 


  

新喜劇座員の活動範囲はどうなるのか?

 問題はこの吉本坂46吉本新喜劇にどのような影響を与えるのかについてです。 

 

今回の記者会見には吉本新喜劇から川畑泰史さん・島田珠代さんが出席し、新喜劇代表として吉本坂46の魅力についてアピールしました。

 

f:id:kn0718:20180310022022j:plain

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

AKB48グループのアイドルにおいて、「恋愛禁止」のルールが適用されているのは皆さんご存知だと思います。しかし、今回結成される吉本坂46にも男女混合であっても同様のルールが適用される可能性があるのです*3。    

 

現在、吉本新喜劇からは数名の座員が立候補を表明しています。

 

 

 

人気ブログ「あき恵ちゃんのチョベリグ日記」より。この記事の中で吉本坂46への応募について触れているが、誰が応募したかなど具体的な内容については言及していない。

 

 

もし、仮に吉本坂46のオーディションにおいて新喜劇からの立候補者が合格した場合どうなるのでしょうか。

 

新喜劇タイムズでは前回、吉本新喜劇における恋愛事情についてご紹介しました。

 


吉本新喜劇内では原則「自由恋愛」がルールとなっています。 

しかし吉本坂46のオーディションに合格した場合、新喜劇に所属していてもこの「自由恋愛」のルールが適用されない可能性が出てきます。

また合格者が既婚者の場合、配偶者がいる事がAKB48グループにおける「恋愛禁止」のルールに照らし合わせた上で認められるのかどうか整合性を見極める必要があります。

 

さらに、ギャラの配分を巡って厳しい声が上がっています。 

 

 

「会見で芸人たちから出た質問には、とてもリアルなものがありました。しずるの池田一真からは『所属はソニーですけど、ギャラの割合は吉本になるんですか? それともソニーの割合? それ吉本だったら、やる人いないんじゃないかな』と切実な発言がありました。結局、答えはあいまいにされたままその場は終わりましたが、これが芸人たちの本音なのではないでしょうか」(前出と別のテレビ局関係者)

 

 吉本といえば、元モーニング娘。藤本美貴の夫、品川庄司庄司智春や、木下優樹菜の夫、FUJIWARA藤本敏史、モデルの近藤千尋の夫、ジャングルポケット太田博久らが、妻との収入格差を公言しており、ギャラの取り分が少ないことで知られる。そして、当然ながら吉本の芸人は、そもそもアイドルになりたくて吉本に入ったわけではない。

吉本坂46、シャレにならない裏事情:Business Journal

 

新喜劇座員のうち、若手座員の一部の人においては入団出来ても十分な舞台出演の機会を与えられず、アルバイトをいくつも掛け持ちして生活を送る事は珍しくありません。

 

そうした中での今回の吉本坂46のオーディションはまさに千載一遇の大チャンスといえるでしょう。

しかし合格して吉本坂46に加入すれば、デビューするまでの間に数々の厳しいレッスンが待ち受けている上、その後デビュー出来たとしても歌・ダンスの練習を継続的に行わないといけなくなるのではないでしょうか。

 

新喜劇座員の場合だと吉本坂46の公演に加えて吉本新喜劇の本公演、さらに各地の営業で披露する新喜劇などこれまで以上に多忙を極める事になります。

 

本業である吉本新喜劇の稽古、吉本坂46の公演に向けた継続的な歌・ダンスの練習、これらを完璧にこなすとなると少し無理があるのではないでしょうか。

 

 

吉本坂46の今後の方向性は、合格者次第で決まってくると思います。一連のプロジェクトについてインターネットメディアのBusiness Journalは関係者の声として次の内容を報じています。

 

 

「今回の試みは話題性はありますが、売れている人は忙しい時間の合間を縫ってまで、ギャラも低いのにアイドル活動しようとは思わないでしょうね。かといって、無名のタレントばかりでは、グループの話題性も半減してしまう。難しいところですよ。ただ、吉本の場合、芸人枠と、アスリートや音楽家などの文化人枠ではギャラの取り分が違うので、芸人枠以外からの希望者は多いかもしれません」 

 

発表後、様々な物議を醸している吉本坂46乃木坂46欅坂46が長い時間をかけて積み上げてきた功績に泥を塗る事にならないよう願うと共に、今後の吉本坂46を巡る状況について冷静に注視していきたいと思います。

 

  http://news.yoshimoto.co.jp/20180221152704-cdacd41cf4f265e3879f60e9d9d4b8cd2250d52a.jpg

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

 

 

続報1:書類選考合格者発表

 3月22日(木)の午前10時に、吉本坂46オーディションの一次審査・書類選考の合格者が東京・新宿の吉本興業東京本部、渋谷のヨシモト∞ホール、そして大阪・なんばのよしもと漫才劇場で一斉に発表されました。

 

応募者数は1747人、そのうちの751人(全体の約43%)が一次審査を通過しました。

 

 

若手芸人や大御所芸人などが名を連ねる中、吉本新喜劇からは50人が一次審査を通過しました。

まさか新喜劇からこれほど合格者が出るとは思っていませんでした。

 

 

吉本新喜劇から何人応募があったのかについては分かりませんが、新喜劇座員の中でかなりの数の応募があったものと思われます。

また、新喜劇座員全員に「必ず応募するように」といった内容の通達が行われていた可能性も考えられます。

 

 

 

 

 

ただ個人的に驚いたのがよしもと自身がプロデュースしたアイドル「つぼみ」のメンバー9人のうち1人を除いて、全員が書類選考を通過していた事です。

つまり自身のアイドル活動の傍ら、密かに応募していたという事になります。

 

f:id:kn0718:20180322195258j:plain

吉本坂46オーディション一次審査の合格者一覧(一部)。「つぼみ」のメンバーの名前が確認できる(黄色の丸印)。

 

 

これが彼女達のファンに与える心理的な面、そしてアイドルグループ「つぼみ」がこれから先どうなっていくのか気になるところです。

 

 

なお今回の合格者発表と共に、吉本坂46の密着番組の詳細が発表されました。

 

 

タイトルは『吉本坂46が売れるまでの全記録』。司会は東野幸治さんが、その他に乃木坂46松村沙友理さん・クイズ作家の古川洋平さんが出演します。 

 

テレビ東京で4月3日(火)、テレビ大阪で翌4日(水)よりスタートです。

放送日時はテレビ東京は毎週火曜日・深夜2:05~2:35、テレビ大阪は毎週水曜日・深夜2:35~3:05です。

 

 

 二次審査は4月に東京・大阪でグループ面接が行われる予定で、これを通過した人は秋元康さんによる最終審査に臨むことになっています。

 

 

 

http://news.yoshimoto.co.jp/20180322162634-deda58d07c3af3aadab40323ac4142fd61ab193a.jpg

 

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

続報2:敗者復活審査実施

 3月27日(火)、吉本坂46のメンバーに選ばれたいという熱い気持ちを持ってエントリーしたにも関わらず、不合格となったよしもと所属タレントの声を反映する為として、敗者復活審査をSHOWROOM*4にて実施する旨が吉本坂46運営本部から発表されました。

 


 そして4月5日(木) 18:00~11日(水) 23:59に敗者復活審査が行われ、ランキング上位20名が二次審査に進みました。

なお、不合格だった新喜劇座員の敗者復活はありませんでした。

 

 

※敗者復活審査 上位20名《4月12日(木) 発表》(吉本坂46公式サイトより)

恵梨華(つぼみ)、小野竜輔(ダイヤモンド)、クリィミーまなちゃん(カエルサークル)、イワタアキラ、平本元気(モグモグパクパク)、あつひろ、ちーぼー、篠原清美、幹てつや(かりすま〜ず)、佐々木ゆうた、渋谷りゅうき(おいなり) 、山田きっく、中村幸輝、プレミアムごろう、しげみうどん(キャタピラーズ) 、美意識タカシ(メタルラック ) 、北代祐太(OF)、木俣祐介、永野靖明、ラストオーダー織田(チャイルドプリンス)

 

 

 

 

続報3:二次審査合格者発表 

 5月1日(火)の午前10時に、吉本坂46オーディションの二次審査(グループオーディションでの自己PR・歌唱審査)の合格者が吉本興業東京本部(新宿)・ヨシモト∞ホール(渋谷)・よしもと漫才劇場(大阪・なんば)の3か所にて発表されました。

 

一次審査を通過した751人のうち、173人(一次審査合格者の23%、応募者全体の約10%)が二次審査を通過しました。

 


このうち、吉本新喜劇からは11人が合格しました。合格者は以下の通りです。

 

・川畑泰史(吉本新喜劇座長)

葛原亜依(金の卵 8個目)

小寺真理(金の卵 7個目)

酒井藍(吉本新喜劇座長及び金の卵 3個目)

・佐藤太一郎(金の卵 1個目)

重谷ほたる(金の卵 8個目)

島田珠代

・高橋靖子

西川忠志

松浦景子(金の卵 8個目)

・未知やすえ

 

※五十音順に掲載

 

 

http://news.yoshimoto.co.jp/20180501170702-8c58e67003ffd3a19baa2fa9f540ae75c9447f43.jpg

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

 

 

 

 

続報4:三次審査実施

 当初は二次審査の後に最終審査が実施される予定でしたが、急遽三次審査が実施される旨が発表されました。

やはり賛否両論が巻き起こっただけに、世間からの信頼を得る必要性が出てきたのでしょう。

 

 

 三次審査は吉本坂46公式サイトにて「自分CM」をテーマに候補者が作成した15秒の自己PR動画を見てもらい、皆さんが良いと思う候補者に投票します。

1日1人に対して1票のみ、最大で1日に173人全員に票を入れる事が出来るシステムになっています。

 


投票は5月9日(水) 12:00~15日(火) 23:59に行われました。

 

結果発表は5月17日(木)の午後0時に公式サイトにて行われ、この結果発表で下位30名になった人は落選となりました。

 

なお新喜劇座員の落選は無く、結果は以下の通りになりました。

 

小寺真理 13511票(14位)

松浦景子 12461票(18位)

・未知やすえ 8974票(27位)

葛原亜依 5123票(55位)

酒井藍 4727票(61位)

島田珠代 4661票(62位)

重谷ほたる 4441票(65位)

・佐藤太一郎 3389票(86位)

・高橋靖子 2856票(107位)

・川畑泰史 2790票(113位)

西川忠志 2384票(138位)

 

※ランキング順に掲載

 

 

 この三次審査で勝ち残った人に対して行われる次の四次審査の内容について、”神の1枚”をテーマとした水着審査が実施される事が明らかになりました。

 


 

 

某有名出版社から、「ぜひ、吉本坂46の写真集出版を検討させていただきたい」というオファーを受けまして、将来の写真集出版を視野に入れ、写真集には付き物の「水着」カットで、第四次オーディション応募者の適性を審査することとなりました。
プロデューサーである秋元康さんに相談した結果、「吉本坂46」にとっての水着の定義は、「自分がこれで水に入れると思う服装」とさせて頂く事になりました。従来の水着の発想にとらわれず、自由に考えて頂き提出してもらいます。無理に肌の露出を強調したり、過激な水着を着用することは必要としておりません。

そして、今回のテーマは「神の1枚」となります。
水着を着用し、もっとも自分が魅力的に映っているカットを事務局へ提出します。枚数の制限はございません。
この企画は、決してプロポーションを見る為のものではなく、どれだけ"写真集映え"するかを審査するものです。
たとえば、「奇跡の3段腹」など、自身の自由な発想で、渾身の水着"神ショット"を披露し、国民投票を実施します。

秋元康プロデュース 吉本坂46 第三次オーディション合格者発表!! 第四次オーディション 「"神の1枚"水着審査」開催決定!!:よしもとニュースセンター 

 

 前回に続き、この四次審査でも一般投票が行われます。エントリーされた写真は公式サイトの特設ページにて公開され、その写真を見て良いと思ったものに投票します。

 

期間は6月4日(月) 12:00~10日(日) 23:59まで。

1日1人につき1票のみ投票が可能、1日につき最大143人全員に投票が出来るというシステムになっていて、投票の仕方は前回の三次審査の時とほぼ同じです。

 

 

 

続報5:四次審査実施

 

 6月13日(水)、四次審査の結果発表が公式サイトにて行われ、この結果発表で下位30名になった人は落選となりました。

 

なお新喜劇座員の結果は以下の通りになりました。

 

小寺真理 17402票(7位)

松浦景子 13781票(16位)

・未知やすえ 12370票(18位)

島田珠代 6358票(39位)

・洒井藍 5349票(56位)

・高橋靖子 5130票(63位)

重谷ほたる 4611票(80位)

葛原亜依 4471票(88位)

 

・川畑泰史 3388票(135位) *落選

・佐藤太一郎 2745票(138位) *〃

西川忠志 2268票(140位) *〃

 

※ランキング順に掲載

 

今回の四次審査の結果により、新喜劇座員からは男性座員3名が落選。オーディションに参加している新喜劇座員は通過した残り全員が女性という事態になりました。

 

 そして、続けて五次審査を行う旨が公式サイトなどを通じて発表されました。

 

五次審査は「魂のステップ」をテーマにしたダンス審査となります。

これは四次審査を通過した113名をチーム分けし、課題曲の振付を習得してもらうというもの。
ただ、五次審査では個性や表現力、体力に協調性、振り入れの速さなどダンスに必要な要素の全てを集結させた<魂のステップ>を披露してもらい、アイドルとして必要な唯一無二の『存在感』があるかどうかについて評価します。

 

 

五次審査ではこのオーディションのためにつくられた課題曲に数々のヒット曲を手掛けたコレオグラファーのWARNER(ワーナー)がダンスの振り付けを担当。チーム分けは1チームにつき10名を原則とします。
一定の練習期間後、審査用のダンスパフォーマンスの収録を実施し、そのVTRをもとに審査員が選考をします。

五次審査での審査員は、テレビ業界を代表するプロデューサー・ディレクターの方々が担当します。合格者は80名まで絞り込まれる予定で、合格者は秋元康さんによる最終審査へようやく進むことができます。

 

 

なお7月25日 (水)に、この五次審査で審査員を務めるメンバーが公式サイトにて発表されました。審査員は以下の10名です。

 

 

【第五次オーディション審査員】
日本テレビ・安島隆(あじま たかし):『あのニュースで得する人損する人』『女芸人NO.1決定戦 THE W』演出
テレビ朝日加地倫三(かぢ りんぞう):『金曜★ロンドンハーツ』『アメトーーク』プロデューサー・演出
TBSテレビ・坂本義幸(さかもと よしゆき):『水曜日のダウンタウン』『炎の体育会TV』プロデューサー
テレビ東京・佐久間宣行(さくま のぶゆき):『ゴッドタン』『青春高校3年C組』演出
フジテレビ・中嶋優一(なかじま ゆういち):『ワイドナショー』『さんまのお笑い向上委員会』プロデューサー


毎日放送・水野雅之(みずの まさゆき):『プレバト!!』『林先生が驚く初耳学』演出
朝日放送・辻史彦(つじ ふみひこ):『松本家の休日』『M-1グランプリ』プロデューサー
テレビ大阪・岡本宏毅(おかもと こうき):『わざわざ言うテレビ』『きらきらアフロ 』プロデューサー
関西テレビ・梅田一路(うめだ かずみち):『R-1ぐらんぷり』『関ジャニ∞のジャニ勉』プロデューサー
読売テレビ・西田二郎(にしだ じろう):『ダウンタウンDX』『浜ちゃんが!』プロデューサー

 

 

 

続報6:五次審査実施

 五次審査の実施と同時に、7月25日(水)から8月5日(日)まで1日ごとに各チームの審査用のダンス映像が公式サイトおよびYouTube吉本坂46公式チャンネルにて公開されました。

そして8月6日(月)の21時30分からSHOWROOMにて吉本坂46「第五次オーディション合格者発表」が生配信され、五次審査の合格者が確定しました。

 

新喜劇座員からは以下の6名が合格しました。

 

葛原亜依(金の卵 8個目)

小寺真理(金の卵 7個目)

重谷ほたる(金の卵 8個目)

島田珠代

松浦景子(金の卵 8個目)

・未知やすえ

 

※五十音順に掲載

 

 

 

これにより、四次審査に合格した新喜劇座員のうち2名が落選するという結果になりました。

 

 さて、2月21日の吉本坂46プロジェクト始動という衝撃的な発表から半年余り。吉本坂46オーディションはようやく秋元康さんによる最終審査を迎えることになりました。

この最終審査を経たのち、吉本坂46のメンバーが正式に決定します。

 

その最終審査の結果発表を兼ねた、メンバーのお披露目会が8月20日(月)に東京・有楽町にあるヒューリックホール東京にて開催される事が発表されました。

 

 

お披露目会当日は五次審査の合格者(但し、スケジュールの都合により一部メンバーは欠席)が登場。加えてその家族・親友・後輩らも集まり、さらに一般のお客様も来場する中で発表されるという事です。

 

また、このお披露目会のチケットが8月8日(水)の午前10時からチケットよしもとにて整理番号付き自由席という形で発売される事も併せて発表されました。価格は前売:460円、当日:500円(どちらも税込)です。

 

開場は18時15分から、19時開演・21時頃終演を予定しています。

 

 

 

 

 

続報7:メンバーお披露目会実施

 

 8月20日(月)、東京・有楽町にあるヒューリックホール東京にて秋元康さんによる最終審査を経て合格したメンバー、合計46名がお披露目されました。

 


新喜劇座員からは小寺真理さん(金の卵 7個目)・島田珠代さんが合格し、五次審査で合格していた残りの新喜劇座員4人は落選となりました。

 

 

 

 

 

あとがき

 

 いよいよ本格的に始動する事になった吉本坂46ですが、まだ具体的な方向性は定まっていない上、これからも多くの悪評や非難を浴びるなどより困難な道を進むことになるでしょう。

 

新喜劇タイムズではこのプロジェクトの発表から半年間にわたって吉本新喜劇座員の皆さんに焦点を当て、その動向を追ってきました。プロジェクトの発表当初から非難の嵐となるなど常に否定的な評価が絶えなかった吉本坂46ですが、筆者は一つだけ良い教訓を得られたのではないかと思っています。

 

 それは「”吉本新喜劇座員”というアイデンティティーはこれからの時代、大きく揺れ動く可能性がある」という事です。

 

 

吉本新喜劇座員は、なんばグランド花月などの劇場で吉本新喜劇の公演を行う職業です。しかし若手座員のほとんどが駆け出し中、なかなか注目を浴びる事もない中で「なんとかして有名になりたい」、一度はそう思うのも無理はないでしょう。

現在YouTubeといった動画サイトやツイッター・インスタグラムに代表されるSNSなど、自分をアピールできる場所の範囲は大きく広がり、新喜劇座員の芸能活動の在り方を大きく変えようとしています。

 

 

 

「新喜劇座員は吉本新喜劇の公演のみに全力を尽くすべきである」、こうしたイメージ像は時代が進むにつれて徐々に通用しなくなっていくのかもしれません。

 

新喜劇タイムズによる動向の追跡はこれをもって終了しますが、吉本坂46のメンバーとなった新喜劇座員2人の活動はどうなっていくのか、これからも遠くから静かに見守りたいと思います。

 

 


 

*1:秋元康プロデュース、AKB48の“公式”ライバル「乃木坂46」とは? - ライブドアニュース

*2:つぼみ (ユニット) - Wikipedia

*3:なお詳細については、今後順次決定していくとしています。

*4:アーティスト・アイドル・モデルなどによるライブ配信を視聴でき、会員登録を行えば自分から配信する事も出来る。