新喜劇タイムズ

吉本新喜劇についていろいろ考えるブログです。

いよいよ30周年ツアーがスタート!! 辻本座長の新喜劇を考える 〜後編〜

前編の記事はこちらからどうぞ。

 

 さて後編ではこれまで辻本さんが行ってきたキャラクターや、お馴染みのメンバー達について分析していきたいと思います。

 

 

恒例中の恒例「茂造シリーズ」&「ローテーショントークシリーズ」

 辻本さんのキャラクターの代表格といえば、この「茂造シリーズ」に尽きるでしょう。「茂造シリーズ」は約10年ほど続いていますが、近年の吉本新喜劇ブームに伴い大人だけではなく子ども達にもその人気が広がり、色あせない魅力を放っています。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

最近では、アキさん演じるアキコとの掛け合いでも人気ですね。また、この派生版として「シゲオとアキコ」シリーズが登場していて、より一層の人気を誇っています。

 

 ローテーショントークも辻本さんの代表的なシリーズといえます。辻本さんが黒と白のチェック柄のスーツでやって来る借金取りでお馴染みのこのローテーショントークは、実は現在に至るまで2回メンバーが代わっています。

 

初代は青スーツの役を安尾信乃助さんが、赤スーツの役を烏川耕一さんがやっていました。

 

youtu.be

※新幹線ネタのくだり

 

2代目はカラーリングはそのままで、青スーツ役が平山昌雄さん、赤スーツ役をレイチェルさんがやっていました。「歌舞伎トーク」で平山さんが回転する姿が懐かしいですね。ちなみに赤スーツ役を山田亮さんが担当していた時期もあるんですよ。

 

youtu.be

 

そして見る回数は少ないですが、現在の3代目はスーツの色が変わって黄スーツ役をアキさん、水色スーツ役を森田展義さんが担当しています。新しくトリが「宝塚歌劇団トーク」になりましたね。アンドレ(辻本茂雄)とオスカル(アキ)の掛け合いは面白い以外の言葉が見つかりません。

 

youtu.be

 

上記の2つに共通することは、同じ様なことを繰り返してやっているということ。

 

普通であれば、同じものばかりを見るとやがて飽きてくるということになりがちです。ところが辻本さんの「茂造シリーズ」と「ローテーショントークシリーズ」は何回か見れば展開が読めてしまうのに、面白いと感じるということ。

 

同じようなものを見せられてもお客さんが飽きない、見るだけでは分からない不思議な力をこの2つのシリーズは持っている気がします。

 

「辻本ファミリー」と称されるメンバー達

 今年1月に行われた記者会見の中で、ツアーに出演するメンバーが辻本さん含め16名であることが発表されています。

  

  出演者:辻本茂雄、アキ、島田珠代伊賀健二大島和久森田展義、もりすけ、レイチェル、玉置洋行、桜井雅斗、奥重敦史、もじゃ吉田、平山昌雄五十嵐サキ、鮫島幸恵、松浦景子

 

 辻本さんの回の新喜劇でお馴染みのメンバーが勢揃いしていますね。通常公演ではベテランの方々を含め、多い時には30名ほどが出演する大所帯となります。しかし、今回のツアーではその半分近くの人数で公演をしますから、一人一人が担う役割がかなり重要になってきます。

 

最近では若手のメンバーを中心に他の座長の新喜劇に出演している方も出て来ていますが、まだまだ辻本さんの回への出演率が高いといえると思います。

 

こうした常に一緒に出演している関係を家族に例えて、「辻本ファミリー」と呼ぶファンの方もいらっしゃいます。今では見られなくなりましたが、新名徹郎さんもこの辻本さんの回に2,3年ほど回し役を中心に出演してきました。

 

f:id:kn0718:20170527163519p:plain

2017年5月現在の、新名徹郎さんが最後に出演した辻本座長の回の新喜劇。中央に名前がある。

 

今回のツアーには出演していませんが、たかおみゆきさんや石橋洋貴さんそして辰己智之さんなども「辻本ファミリー」の一員と言っていいと思います。これから先の辻本さんの新喜劇がどのように展開していくかは分かりませんが、こうしたメンバー 一人一人の活躍の幅がこれまで以上に広がっていくことを願うばかりです。

 

おわりに

 

 「3座長公演」の記事でも言及しましたが、小籔さんと辻本さんとの間には確執があるのではないかと噂されています。そのことに関して、気にされる方も少なくないのではないかと思います。でも、忘れてはいけないことが一つあります。それは、

 

楽しむ、そして応援し続けること。

 

この一言に尽きると思います。楽しんで応援し続けることが、辻本さん含めメンバー 一人一人の成長に繋がっていくのです。吉本新喜劇は誰もが笑顔になれる素敵なエンターテイメントの一つです。観に行かれる皆さんは、是非大いに楽しんできてください。

 

news.yoshimoto.co.jp

 

 

youtu.be

吉本興業/よしもとクリエイティブ・エージェンシー